現在弊社には30名弱の在宅女性が登録しておりますが、実際稼げている女性は片手程です。こう書くと在宅は稼げないと思われるかもしれませんが、『稼げない』のではなく、『稼がない』のです。今回は在宅勤務で稼がないパターンを説明します。単純に言えば、ここに記載している事の逆をすれば稼げるようになるという事です。

1.お仕事の意識を持って、お仕事を続けてみる。

在宅だとお仕事の意識が薄れがちになるようで、最初は1時間、2時間やってみるのですがその短時間ではお客様も付きづらく、結果稼げない。また、同じ事を繰り返して稼げないとの負の連鎖となり、最終的にはお仕事をしなくりフェードアウトしてしまうケースが多いです。どの仕事もそうですが、稼げるようになる為にはある程度の経験が必要となるので根気よく継続していく事が大事です。

2.少なくとも一日5時間は纏めてお仕事する。

在宅の方は隙間時間で30分、1時間と細切れ時間で一日に何度もチャットにインする女性がいますが、細切れ時間であれば仕事はしない方が良いです。1時間やって、結局男性が入るのが50分後であれば10分しか話が出来ません。男性がつけば1時間―2時間と喋る方もいるので細切れではなく少なくとも連続してある程度の時間を使う事が必要になります。

3.お化粧、服装に気を遣う

通勤であれば、衣装も着替え、お化粧もしますが在宅の場合はどうしても仕事の意識が薄れ、お化粧もしない、服装もラフな格好でチャットをする方がいますが、これではお客様は付きません。清潔感があるご自身に似合った格好で迎えてあげるとログイン率も向上します。

4.照明、カメラ

事務所にはハイスペックなwebカメラ、プロ仕様の照明があるので問題ありませんが在宅だとどうしてもこの点は不利になってしまいます。この点はしょうがない部分ですが出来るだけ照明を明るくするなどの工夫をしてみて下さい。照明は極めて重要で、出来れば安いのでよいのでリングライトを準備してください。(300円ショップで販売しているのでok) チャットでお客さんがつけば数分で費用は回収出来ますので。

5.生活感を出さない

在宅なので生活感が出てしまうのはしょうがないのですが、中には後ろに洗濯物や家族の写真が写り込んで出演する方がいます。生活感が出ていた方がリアリティーがあってよいというお客様もいますが、一般的には生活感をなくして綺麗な背景が好まれます。どうしてもそれが難しいという事であればご自身を全面に出して背景を写さないという手法も御座います。

6.動かない

通勤女性でもいますが、ライブ配信なのに凍った感じで全く動かない女性がいます。これではお客様は気味悪く入ってくれません。弊社では棒など、うちわ等使って兎に角動きを出すようにしてもらっております。人間は不思議なもので動いているものに反応するもので、なんでもよいので動いて下さい。

7.つまらない顔をしている、携帯をいじる

待機が長くなるとどうしても、携帯を見たり、つまらない顔になってしまいますが、お客様からすると悪い印象に写ります。どうしても携帯を見る必要があれば、一度休憩にしてみてください。また、15-20分待機でお客様が入ってこなければ一旦休憩して、洋服やカメラアングルを変えるのも有効となります。

 

他にも色々ありますが、先ずは上の事に気を配りお仕事をして貰えれば稼げるようになりますので。